ビタミンc誘導体をスキンケアに取り入れよう!

スキンケアで取り入れるなら化粧水から

肌の綺麗な外国人女性

ビタミンcは美容効果が高い成分なのですが、残念なことに熱や酸化に非常に弱く、そのまま化粧品に配合しても美容成分がうまく肌に浸透しません。そんな欠点のあるビタミンcを肌の奥底に効率良く届けるために、分子を化学的に変化させ改良したものが、ビタミンc誘導体なのです。

肌に浸透したビタミンc誘導体は、体内酵素の作用によって皮膚内で再びビタミンcへと変換されます。そんなビタミンc誘導体を含む化粧品とはどのようなものでしょうか?

ビタミンc誘導体は大きく分けて3種類ある

食事やサプリメントによる内側からのケアも大切ですが、ビタミンc誘導体を含んでいる化粧品を使用すれば、その美容効果を直接肌に届けることができ、毛穴やニキビ、美白に高い効果が期待できます。

ビタミンc誘導体は、水溶性と油溶性、その両方の性質を持つ両親媒性の3種類に分類されます。それぞれの特性を知って、ビタミンc誘導体配合の化粧品を毎日のスキンケアに取り入れてみましょう!

(水溶性)

細胞と細胞の間にすばやく浸透し、主に化粧水に配合されています。

(油溶性)

皮膚の深い所まで浸透するため、主にクリームや美容液に配合されています。

(両親媒性)

水溶性と油溶性の両方の良いところが合わさって、いろいろな化粧品に配合可能。また刺激も少ない。

毎日使い続けることが大切

化粧水、美容液、クリーム、濃縮液など、化粧品には様々なアイテムがありますが、まずはビタミンc誘導体配合の化粧水から取り入れてみてはいかがでしょうか。

洗顔後に最初に肌につける化粧水で、ビタミンc誘導体をしっかりと浸透させることによって美白や毛穴を引きしめるといった効果を感じやすいと思います。ただ、人それぞれ肌質が異なるのでうるおいが足りないなと感じることもあるかもしれません。

そんな場合は、保湿専用の化粧水と併用して使用することをおすすめします。美肌に乾燥は大敵なので、季節問わず保湿ケアは重要です。